2009年03月04日

映画「おくりびと」最新ニュース 09/03/04

主演の本木雅弘さんがこの本を読んで「おくりびと」を企画しました・・・納棺夫日記増補改訂版
映画「おくりびと」最新ニュース 09/03/04

◆「おくりびと」の滝田監督に富山県民栄誉賞
http://www.daily.co.jp/gossip/2009/03/04/0001733550.shtml

第81回米アカデミー賞外国語映画賞を獲得した「おくりびと」の滝田洋二郎監督(53)が、故郷の富山県から県民栄誉賞を贈られることが3日、明らかになった。県民に明るい希望と活力を与えた功績を評価された。滝田監督は、同県福岡町(現高岡市)に生まれ、高校卒業まで地元で過ごした。「おくりびと」では主演の本木雅弘も埼玉県民栄誉章を贈られる予定。

 滝田監督はこの日、都内で最新作「釣りキチ三平」(20日公開)の完成披露試写会に出席。「いい映画を撮り、少しでも地元に貢献していきたい」と感謝した。

 「釣りキチ-」はオスカー受賞以降、世界の30カ国以上からオファーが殺到。主演の須賀健太(14)が「いろんな国の人たちに三平として知られたい」と語ると滝田監督は「大丈夫。(演技が)こんなに達者なんだから」と太鼓判を押していた。

--------------------------------------

◆映画:全国動員ランク、「おくりびと」が1位に
http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20090303dde041200055000c.html

 第81回米アカデミー賞外国語映画賞に輝いた「おくりびと」(滝田洋二郎監督)が、全国映画動員ランキング1位を獲得した。興行通信社によると、週末2日間(2月28日、1日)は全国189スクリーンで公開、動員29万9495人、興行収入3億2051万7100円。動員は前週比527%。累計で動員334万8000人、興行収入38億4000万円を突破した。

 「おくりびと」は昨年9月13日公開。25週目で1位を獲得したケースはこれまでにない。

---------------------------------------

◆甘くほろ苦、カクテル「おくりびと」人気 ロケ地の山形
http://www.asahi.com/national/update/0227/TKY200902270381.html

米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」(滝田洋二郎監督)のロケ地・山形県酒田市にある老舗(しにせ)バー「酒田倶楽部(くらぶ)」でカクテル「おくりびと」が人気だ。
 女性バーテンダー高橋章子さん(48)が「ロケ地に来た人を温かく迎えたい」と先に「むかえびと」を出し始めたところ、「おくりびとは?」。客に促されて一緒に考えた。
 「納棺師のイメージと言うか……」。ウオツカベースの「おくりびと」は、シトラスの香りで甘くほろ苦い。まるで人生のようだ。

--------------------------------------

◆『おくりびと』の滝田洋二郎監督の最新作はこだわりの魚が主役!?
http://news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200903030003

第81回アカデミー賞で見事、外国語映画賞に輝いた『おくりびと』の滝田洋二郎監督の最新作『釣りキチ三平』の完成披露試写会が3日、都内で行われた。舞台あいさつには、滝田監督のほか、出演者たちが登壇し、主題歌を手掛けたthe generousも応援に駆けつけた。

週刊少年マガジンで1973年から10年間連載され、今なお絶大な人気を誇る伝説の釣り漫画『釣りキチ三平』を映画化。壮大な秋田の大自然を舞台に、天才釣り少年・三平が伝説の巨大魚を追い求める冒険物語。そこで描かれるのは、人と人とのつながりや家族のきずなといった心温まる内容になっている。

三平役を演じるのは、原作の矢口高雄からも「この映画は彼の笑顔がすべてといって過言ではないくらいイメージ通り」とお墨付きをもらった須賀健太。須賀は役作りのために撮影の半年前から釣りの練習をしてきたそうで、「原作のファンの方にも納得してもらえるように心がけた釣りのポーズをぜひ見てもらいたい」とアピールした。共演の渡瀬恒彦から何に対しても飲み込みの早い須賀について「彼には釣りも秋田の方言もかなわない。余裕がある須賀は私によくちょっかいをかけてきたので時々しめました(笑)」と語られると、三平の姉を演じた香椎由宇からも「撮影の合間は塚本(高史)さんと鬼ごっこをするなど、あまりにも活発でこんな弟がいたら大変です(笑)」と三平少年同様、須賀の元気いっぱいな様子を語っていた。

前作のアカデミー賞受賞で国内外から高い評価を受ける監督だが、観客を目の前に舞台に立つ心境を「まな板の鯉」とコメント。「『おくりびと』ではご遺体役に『動くな』としつこく言っていたけれど、今回はお魚が主役でピチピチ感が必要だったので“動け!動け!”とひたすらおいしそうな魚を追い求めていた(笑)」と本作に対するこだわりを語った。

『釣りキチ三平』
3月20日(金・祝)より丸の内TOEI1ほか全国ロードショー 主演の本木雅弘さんがこの本を読んで「おくりびと」を企画しました・・・納棺夫日記増補改訂版
posted by おくりびと【納棺夫】 at 17:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。